Today 2021年6月22日

なぜ髪質が産毛化する!?原因を知れば対処法が見えてくる


髪の成長期が短くなって産毛化する脱毛症

髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうのがagaという脱毛症です。髪の毛は成長期に太く強く成長していきますが、agaになるとヘアサイクルが乱れて成長期が短くなります。それにより髪の毛が産毛化していき、頭皮が透けて見えるようになるのです。agaの原因物質は5αリダクターゼで、これが毛母細胞の機能を低下させます。すると酸素や栄養素の供給が不十分になり、赤ちゃんのような産毛になっていきます。髪の成長期は2~6年ほどあるのが普通ですが、agaになると数か月~1年程度になるのです。休止期と退行期に関しては期間は変わらず、成長期のみが短くなります。洗髪したときに短い抜け毛が目立つという場合は、agaを疑ってみてください。

脱毛症を進行させる悪条件に注意を

夏と秋は比較的抜け毛が多く、紫外線のダメージが関係していると言われています。また高温多湿の影響によって、頭皮環境が悪化するのも一因とされます。agaの要因は5αリダクターゼですが、他の悪条件が重なると脱毛症の進行が早くなるので要注意です。agaを治すためには医療機関に行くのが得策ですが、初期の症状や脱毛予防だけならセルフケアでも対応できます。間違ったシャンプーを見直す、バランスのよい食生活を継続するなどの対策を実践しましょう。髪の毛は細胞分裂を繰り返しながら成長していく性質があり、食事からの栄養が原料になっています。朝食を食べない人、好き嫌いが激しい人などは、特に薄毛のリスクが高くなると考えてください。

agaを新宿で治療しようとする人が多いのは有名な医師が多いからです。良い結果が出るという期待が込められています。

Top