Today 2021年5月11日

どの方法で脱毛する?vio脱毛の3つの方法と特徴

痛みが少ないフラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は光を照射して毛穴の奥の毛乳頭にダメージを与え、毛の再生を阻止するという脱毛法です。ツルツルの状態にするには2ヶ月から3ヶ月に1回のペースで12回から18回ほど施術を受けなければなりませんが、痛みが少ないのが特徴です。脱毛が完了すると、ムダ毛に煩わされることもありません。Vラインもオーバル型やマティーニ型、ハート形など色々な形にデザインできます。最も一般的なvioの脱毛方法です。

粘膜の毛も処理できるニードル脱毛

ニードル脱毛は毛穴に針を刺して電流を流し、毛根を焼き切り毛の再生を阻止する脱毛方法です。1回の施術で高い効果があり、永久脱毛ができます。ただし、効果が高いぶん痛みも強くなります。フラッシュ脱毛の光は粘膜に照射できないため、oラインやiラインなどは処理できない部分もありますが、ニードル脱毛は粘膜に生えている毛の処理もできるため、すっきり綺麗に脱毛できるのが特徴です。1本ずつ地道に処理するため一度に広範囲の脱毛はできませんが、確実に脱毛できる方法です。

海外セレブも利用しているブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスはムダ毛にワックスを塗り、毛並みと逆方向に剥がしてムダ毛を引き抜く脱毛法です。海外セレブにも利用者の多い脱毛法で、海外ではvio脱毛といえばブラジリアンワックスです。施術時間も短く綺麗に処理できますが10日ほどでムダ毛が再び生えてくるので、ツルツルの状態をキープするには定期的に施術を受ける必要があります。ワックスは蜂蜜などナチュラルなものを原料に作られています。

vioの脱毛を行うことで、ムダ毛がなくなるため匂いの元になる雑菌が減る、排泄物がつきにくくなるなどのメリットが得られます。

Top